いとうみ日記

2014-10-31 15:05:00

「New麻桶」と「ミニおぼけ」?

今日はハロウィン
昭和生まれの私にはピンときませんが 
子どもは、「パーティーをしよう!」とはりきっています。。。

今月の20日〜21日と、麻糸産み後継者養成(基礎)の
2日間集中講座でした。
北海道からご参加下さり、遠方からお疲れさまでした。
よりひめのTさんも、講座の見学にいらして、
なごやかな雰囲気の中、麻糸績みの技と心をお伝えいたしました。

神戸のインストラクターのmakiさんが、北海道(札幌)にて、
定期的に麻糸産み講座を出張開催することになりましたので、
北海道在住の方は、ぜひご参加下さいね



2日目の講座修了後は、よりひめのTさんと
麻桶(おぼけ)話で盛り上がりました〜

こちらは、Tさんがお持ちの「大館曲げわっぱ(2段お弁当箱)」です。

大館曲げわっぱ.jpg

まさに、麻桶のミニサイズみたい〜
丁寧な作りで、職人さんの技が光ります
ちょうど、ひとぽっち(裂いた麻をまとめたもの)が入るサイズなので、
持ち運びによい感じですよ。
外出先で、お弁当をいただくかと思いきや、
糸績みを始めちゃう というシーンを想像すると楽しい

私が持っているNew麻桶とサイズを比べてみました。
(手前が大館曲げわっぱ、奥が私のNew麻桶)

new麻桶.jpg

私の麻桶は、麻糸産み同期のお仲間から教えてもらい、
静岡のメンパ職人さんに作っていただきました。
大麻博物館の館長がお持ちの麻桶より、ひとまわり小さいです。
メンパ職人さんのお考えで、フタ付きになっています。
(*本来の麻桶は、フタはついていません)

なので、本来の麻桶とは違うけれど、今の時代に作られたということで、
「New麻桶」ということにしています。

みなさんにもご紹介したくて、
「また作っていただけますか?」とお聞きしたのですが、
この高さ(幅)の材料が入らないとのこと、
作るのがとっても大変だということで、「もう作らないよ〜」と言われました
(確かに、いろんなところに印の後が残っていたりして、
かなり試行錯誤で作られたようです)
予備も含めて2個製作していただいたので、神戸のmakiさんとお揃いです。

麻糸績みの技が途絶えようとしていると同時に、
このように道具を作れる職人さんがいなくなっています。

Tさんが、曲げわっぱのお店に相談してみるとのこと…
もし進展がありましたらお知らせいたしますね。

ただいま、糸を績みためております〜
(なかなか進まないのですが

new麻桶と糸績み.jpg

この日の午後は、麻桶の撮影会のようになり、とっても楽しい時間でした。
今後も、道具について何か情報がありましたら、ご紹介したいと思います

2014-10-24 15:05:00

繋ぐ喜び〜集中講座プライベートレッスン

19日の日曜日は、麻糸産みの集中講座でした

南伊豆に移住された小柳さん。
埼玉にいらっしゃる機会があって、急遽、プライベートレッスンをすることに〜

大麻繊維はチューブ構造になっており、おがらも空洞になっています。
もともと麻にご縁があったようで、お問い合わせから講座まで、
するすると流れるような展開でした。
つまるところもなく、すっと通るような感覚でした。


1日集中は初めての開催でしたが、長年サンキャッチャー作りをされている方なので、
手先が器用でいらっしゃいます。
あっという間に糸績みの技も習得されました
繊維と繊維が糸績みの技で繋がってゆくことを、とても心地よく楽しく感じられていました。


自らの手から産まれた、手績み大麻糸
太めの糸と、細めの糸、2パターン績んで紡ぎました。
(写真は太めの糸)

受講生さん手績み大麻糸.jpg


講座の中では、大麻の現状や糸績みの技と心、
植物としての大麻草や麻の葉文様についてなど…いろんな視点でお伝えしています。
早速、ご自分の活動の中で、活かして下さっているようで、
私もとっても嬉しいです。
益々のご活躍を心より応援&お祈りいたします。


<ご感想>
大麻について、知ることができてとても良かったです。
麻の新たな道が開けそうです。

<今後のビジョン>
個人の趣味や活動の中で、活かしていきたい

<ご活動のURL>
http://witchcrafthealing.com/

2014-10-17 15:06:00

麻糸で繋がる輪〜麻糸産みサークル

昨日は、3回目の「麻糸産みサークル」でした。
浦和と君津開催の麻糸産み講座から、引き続きご参加下さっている方、
自由が丘で受講されて、サークルに通って下さる方、
そして、makiさんのところ(神戸開催)で受講されて、
上京されるタイミングでご参加下さった方。。。。

いろんな方が午前と午後で入れ替わり、賑やかな1日でした
みなさま、ありがとうございました。

麻糸の繋がりは、私の感覚では、点と点が線になるというより、
点と点が「輪」になっていくようなイメージです。

住んでいるところが実際は離れていても、
距離は関係ないみたいです。
麻糸が繋いでくれるご縁・・・
「素敵だなぁ」といつも感じています


糸績みの技は、大麻博物館の高安館長よりご指導いただいた内容と、
私の経験を合わせてお伝えしていますが、毎回、学びが深まります。
一般に流通できるレベルになる技術に加え、その方ならではの個性も大切に
したいと思っています。

みなさんのそれぞれの感性・思い・情熱が、
私にとっても、よき刺激となり、
サークル終了後は疲れるどころか、元気いっぱいになりました
今回も、みなさんとご一緒に麻時間を過ごせたことに感謝です。

2014-10-06 15:07:00

大麻布の復活に向けて〜はじめの一歩♪

昨夜、卓上織り機が届きました。
大麻布の復活に向けて、はじめの一歩です

卓上織り機.jpg

付属の30羽ですと、太い糸用なので、50羽も追加しました。
手績み大麻糸は細いので(太く績むことも出来るけれど)、
おそらく50羽でも生地作りは厳しいかも…という印象です。
ストールなどが向いているような感じです

超初心者の私が、どこまで出来るか、まずはやってみますね〜


先日のスピニングバーティーの帰り、
ずっと行ってみたかった『つばめ工房』さんを訪ねました。
とっても親切に相談にのって下さって、
織りの先生をご紹介いただきました。
今後、本格的に織りを学ぶ流れになりそうです〜

1