いとうみ日記

2014-08-10 14:58:00

「手績み大麻糸」をベンガラ染めに☆

先日のヘンプフェアでは、ワークショップ当日に、
3点の手作り作品を出展させていただきました。
どれも、1点ものです

手績み大麻糸オリジナル商品.jpg

上から

オーナメント

 国産手績み大麻糸で丁寧に編み、そこに精麻で無限大を表すリボンを3つ、
 スワロフスキーのビーズ、阿波忌部「あわたま」さんの
 手作り陶器(麻の葉文様)をあしらいました。
 色合いも大麻草をイメージして、グリーンにしました。
 お部屋などにちょこっと飾って、大麻草のすくすくと育つたくましさと、
 その清らかさを感じていただけるような作品になりました。



サンキャッチャー

 栃木産の精麻を輪にして、そこに丸いキラキラのスワロフスキーを包みました。
 国産手績み大麻糸を、丁寧にベンガラ染めで自ら手染めして、
 ひとつひとつ、スワロフスキービーズ、天然石をつないでゆきました。
 昨年からデザインをあたためて準備していたのものが、
 こうしてカタチになりました。

 こちらは、WS当日にご購入いただきました
 ありがとうございました



刺し子のコースター

 イタリアヘンプ100%生地に、国産手績み大麻糸(ベンガラ手染め)で
 ひと針ひと針、丁寧にさしました。
 麻の葉文様です。
 周りは、ベンガラ手染めのヘンプコットンガーゼで包み込み、
 国産手績み大麻糸で縫いました。
 「糸績み→染め→縫う」と、とても時間をかけて作りました。




今回、自分で績んだ糸をたくさん使うことで、今後の参考になりました。
少しずつ、オリジナル作品を『ルリアン』のショップでもご紹介していきたいな〜と
思っています

ベンガラは、土からとれる成分のことで、古代から使われている顔料だそうです。
揉み込んで染めていきます。

ベンガラ染め.jpg

ベンガラ染手績み大麻糸.jpg

麻糸を染めるのは、知識とコツが必要かも…。
夏休み中に、ベンガラ染めを本格的に学びに行く予定です。
関東ではなかなか、ベンガラ染めをされている場所がないので、
習得したら『麻糸ビレッジ*手績みサロン』でも、
ワークショップを開催していきたいと思っています。

ぜひご一緒に、染めましょ〜