無事、開催できました!

こんにちは!
手績み大麻糸専門・染織研究家
Kyokoです。

関東も、梅雨明けしましたね〜。
洗濯物がカラッと乾くので、嬉しいな。
熱中症にも気をつけましょうね。

さて、麻糸village主催
麻糸産み後継者養成講座(初級・1日集中)

感染症予防対策、ご協力のもと、
無事に開催することができました!

浦和会場

奥沢会場

こうして糸績みの技術継承を続けることができるのは、
ご興味をいただいて、受講して下さる皆さんのおかげです。
本当にありがとうございます!

今回、「マスクをしながら、糸績みをする」という初の試みでした。
どのように行うか・・・
あれこれ準備段階で試し、海綿を使うことにしました。

海綿、なんだか懐かしいような〜。
おひとり様1個、お持ち帰りいただきました。

浦和会場のONVO SALONさん。
受付カウンターで野菜を販売しています。
新鮮でとっても美味しかったですよ♪

講義の中で、

”どうして、糸績みの風景がなくなったのか”

をお伝えしていますが、
今まさに、私たちは大きな変革期の真っ只中にいます。

当たり前だったことが、突然なくなったり、
価値観や概念が変わってしまったり・・・

後から振り返ると、螺旋のように進化してゆく
プロセスにすぎないのかもしれませんね。

糸績みのような手仕事は、
時代が変わっても、変わらない本質(エッセンス)があり、
何よりも、生きる喜びを分かち合うことができる。

マスクをしての講座でしたが、
皆さんの笑顔を感じて、そのように思いました^^
肩の力を抜いて、ゆるやかに、しなやかに。

ご参加いただいた皆さま、
楽しい糸績みの時間をありがとうございました!
また、お会いしましょう〜♪

インフォメーション

今回、地域の感染症の影響で、ご参加できなかった方もいらっしゃいました。
安心できるタイミングで、ご一緒しましょうね♪

ただいま数件、講座へのお問合せをいただいております。
感染症の状況を見ながら、次回の開催を検討しています。

少人数での開催のため、
お問合せいただいた方へ、優先にご案内しております。
何卒よろしくお願いいたします。

お問合せフォームはこちらです

関連記事

  1. 手績み手織り・大麻ストール(1)素材から糸になるまで

  2. 「ぼろ」と「刺し子」

  3. 手績み手織り・大麻ストール(3)経巻き

  4. 2016冬至

  5. 仙台にて麻糸産み講座開催

  6. 2018年・新年のご挨拶

テキストのコピーはできません。