葛染めと織り〜夏の植物から色をいただく

こんにちは!
手績み大麻糸専門・染織研究家
Kyokoです。

7月の梅雨明け直後、アトリエシムラさんにて、
葛染めと織りを体験してきました。

志村ふくみさんのインタビュー記事や書籍を読んだことがあり、
京都に訪ねてみたいと思っていましたが、なかなか叶わず・・・。
ひょんなことから、東京にショップ&ギャラリーがあることを知ったのです。

一色を、一生かけて追い求めてきた
志村ふくみさんのエッセンスを感じたく、
とても楽しみにしていました。

さて当日、葛の葉が出迎えてくれました。
葛は土手に自生していたり、食材としての葛粉だったり、
身近な植物ではあります。
自然布の分野では、織物(繊維をとって糸として使用)の
イメージが強かったのですが、染めに使うのは初めてでした。

講師の方が、事前に多摩川の土手から採取して用意されていました。
3回染めてみたところ・・・

1回目:染液は茶褐色で、糸は濃い目に染まった
2回目:使用せず
3回目:染液は黄緑の草色で、糸はクリアな色に染まった

まだまだ色が出そうな勢いでしたが、
個人的には、3回目のクリアな色が気に入りました!
絹糸(つむぎ)は、すぐに色が入りますね〜。

銅媒染のあと、水で洗ったときの冷たさが
とても気持ちよかったです^^

小型の可愛らしい織り機で、織り始めます。
私はまだ初心者なので、基本的なことを教わりました。
これまで高機、地機と学んでおりますが、
講師の方や機の種類によって、教わる内容も違い面白いな〜と。

他のワークショップで植物の恵みをいただいた絹糸たち。
こんなに美しく、色鮮やかなのは、絹ならではですね〜。

好きな色を使って織ることも可能でしたが、
私は今の瞬間を表現したかったので、
染めたばかりの葛色をメインに織りました。
夏のシャーベットのような、爽やかな感じに♪

参加者の皆さん、とっても素敵に織られていました^^

あれから2ヶ月経ち、染めて織った裂が送られてきました。
太陽が眩しく、水がキラキラと光って
色の世界に心が弾んだ時が蘇るようでした。

染織の世界は、本当に楽しいです。
大麻布の糸づくりにも、この経験を活かしていきたいと思います♪

関連記事

  1. 初級講座を開催しました in浦和

  2. 手績み手織り・大麻ストール(3)経巻き

  3. 手績み手織り・大麻ストール(7)織り始め

  4. 「手績み大麻糸」をベンガラで染めてみました

  5. 今年も、淡々と糸を績み続けます

  6. 手績み手織り・大麻ストール(9)織り上がり〜仕上げ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

テキストのコピーはできません。