国産大麻繊維とベンガラ染め

こんにちは!Kyokoです。
大阪での「ベンガラ染め」の続きです^^

今回、「国産精麻」と「打ち麻」を持参して、どのように染まるか試してみました。
(手績み大麻糸は、自宅で体験済みなので)
予想以上に色も入って、ヨカッタです!

子連れで大変お世話になったので、精麻で紐を作りましたよ〜
電車での移動中に、子どもと話しながら・・・
お礼の菓子折りに結んでみたら、上品な感じになりました。
やはり、色が入ると華やかになりますね!

染めて茜色になった「打ち麻」も、帰宅後に裂いてみました。
色が入っても、大麻繊維の輝きは残ることにビックリ!
これから績んで、糸にします。
染めるタイミングも、今後、研究しようと思います。

今後も、「手績み大麻糸」と「ベンガラ染め」のコラボ作品を創ったり、
ベンガラ染めWSもやってみようかな。
とっても楽しいので、学んだことを、どんどんシェアしていきたいと思います。
準備が整いましたら、ご案内しますね。
日常の暮らしの中で、気軽に取り入れていただけたら嬉しいです。

関連記事

  1. ベンガラ職人? 型染めは楽しいな

  2. 山桜草木染め〜自然の奥深さ

  3. 育てた藍で生葉染め〜夏色を楽しむ

  4. 小さな小さな、大麻布が産まれました

  5. 「手績み大麻糸」をベンガラで染めてみました

  6. 旅する麻糸〜ノマドな布作り