初級講座を開催しました in浦和

こんにちは!
手績み大麻糸専門・染織研究家
Kyokoです。

秋分を過ぎ、空には秋特有の雲を見かけるようになりました。
ここ数日は、ハーブコーディアルを飲んで、ほっこりしています。

さて、9月の4連休中に、
「麻糸産み後継者養成講座(初級・1日集中)」を開催しました。
今回も広いお部屋で、ゆったりと。

(黙々と糸績み中~♪)

今回お集まりいただいた受講生さま、
共通しているのは「農」でした。

自然栽培を実践されている方や、
農家さんと繋がりが増えている方も。

私が農に興味をもったのは、東日本大震災の後です。
タネについて学んでいると、いろんなことが見えてきました。
土との繋がりを取り戻すことが大事だと思って、
農スクールに通ったり、シェアファームで栽培したり・・・。
栃木の麻畑を訪ねたのも、この頃でした。
世界のエコビレッジについても、研究していましたね~。

大麻に関しては、法律がありますので、
今はできることを、コツコツと。
将来は大規模栽培ではなく、パーソナルレベルでカルチャーとして、
栽培~糸~布作りができることをビジョンとして持っています。

というのも、績み手の視点ですと、
大量生産はできませんので、その年に績める量で十分だったりします。

素敵な、唯一無二の、手績み大麻糸ができました!
みなさん、サクサクと績み紡ぎ、
手際もよく、感心してしまいました。

習得したら、一生使える技ですし、
技術だけではない大切なもの・・・
きっとそれぞれに感じられたかもしれません。

豊かな時間を、ありがとうございました!

関連記事

  1. 2018年・新年のご挨拶

  2. 麻糸産み講座〜光り輝く大麻繊維

  3. 麻糸産み講座〜「知る」ことの大切さ

  4. 小型糸車が届きました!

  5. 浴衣に合わせる・大麻半幅帯(1)麻打ち

  6. 麻糸績みの体験講座を開催しました

テキストのコピーはできません。