新しい糸産み仲間♪ in立川

こんにちは!
手績み大麻糸専門・染織研究家
Kyokoです。

4〜5月と、立川市にて
「麻糸産み後継者養成講座」初級、中級を開催しました。
感染症対策をしながら、少人数での麻時間です。

本日は4月開催、初級講座の様子をご紹介しますね。

日本のことや、手仕事に興味が湧いてきた、
精麻で紐作りの経験はあるけれど、
久しぶりに大麻繊維、糸づくりをやってみたくなった、
というお二人様でした^^

麻糸績みにご興味くださり、とても嬉しいです!

「大麻」というと、
ネガティブなイメージが強いご時世となっていますが、
日本古来の麻、農産物として生産された
大麻繊維(精麻)からの糸作り、大麻布について
丁寧にお伝えいたしました。

受講生さんの許可をいただき撮影しました。(写真)

後半は実技の伝授です。
実際に大麻繊維に触れて、糸を績んでみると、
なんとも言えない感覚、心地よさを
感じる方が多いですね。

技術的には、ちょっとコツがいるのですが、
何度も繰り返しやってみると、
体が覚えてくれます。

最初は焦らず、ゆっくり〜^^

講座終了後、受講生さん同士で
連絡を取られているようで、嬉しく思っています。
やはり、糸績み仲間は大事!!!
長く続けていく、ポイントだったりします。

立川会場も、仲間が増えてきたら、
麻糸産みサークルを定期的に
開催していこうと思います。

なかなかリアルサークルが難しい方は、
「遠隔技術サポート」も行っていますので、
ぜひご利用下さいね。

マイペースに、
あなたならではの糸
わたしならではの糸

共に、生み出してゆきましょう〜♪

関連記事

  1. 「ぼろ」と「刺し子」

  2. 麻さきと、気づきと、清々しい時間

  3. 2018年・新年のご挨拶

  4. 2016年・新年のご挨拶

  5. 新月スタートの麻糸産み講座

  6. 2019年・新年のご挨拶

テキストのコピーはできません。