美しい麻糸のヒミツは

この輝きは、本当に美しいですね^^

日本古来の麻布作りの行程のひとつ、
麻打ち(あさぶち)によりできた「打ち麻(うちそ)」です。

精麻から、すぐに大麻糸が出来ると思われている方も多いのですが、
この麻打ちにより、さらに不純物がとれ、大麻繊維本来の特性を目覚めさせます。
さらにいくつかの工程を経て、麻糸にしていきます。
糸績みをしていると、紐と糸の違いがハッキリ分かるので面白いですよ♪

関連記事

  1. 春の房総散歩 〜沖ノ島公園〜安房神社

  2. 我が家の、麻ガール人形 ♪

  3. 「北から南・日本の自然布展」のご案内

  4. 自然布からのメッセージ〜百人帯お披露目

  5. 育てた藍で生葉染め〜夏色を楽しむ

  6. 績み糸を、ヘソ巻きにしてみました

  1. 2018.04.13

    岩手〜秋田・出張レポート(2)

  2. 2018.04.13

    岩手〜秋田・出張講座レポート(1)

  3. 2018.02.04

    諏訪湖の御神渡り

  4. 2018.01.01

    2018年・新年のご挨拶

  5. 2017.11.26

    「第一回・技術研鑽会(麻打ち)」を開催しました

  1. 2017.09.15

    秋田の岩戸開き

  2. 2017.08.10

    絹と手績み大麻糸の相性は?