シェーカーボックスと糸績み

今週末も、雪の浄化です。
我が家の周りも、まだ雪の影響が残っているようです。
今日は自宅でゆっくり、よりひめ用の手績み大麻糸を製作中〜

昨年末に100均タッパーを卒業し、シェーカーボックスを新調!
自分へのご褒美です♪
糸績みの時間も、さらに心地よくなったわ〜

昔の女性たちは(特に雪国にお住まいの)、冬は外で活動できないので、
仲間たちと集まって糸績みしていたという話を聞きました。
糸績みは、冬の仕事だったんですね。
そんな風景と空気感、績み続けた女性たちに思いを馳せながら、績むのも楽しいです。

関連記事

  1. 精麻でコサージュ〜涙の卒園式

  2. 「北から南・日本の自然布展」のご案内

  3. 手織りの世界〜展示会めぐり

  4. 絹と手績み大麻糸の相性は?

  5. 「ぼろ」と「刺し子」

  6. 小型糸車が届きました!

テキストのコピーはできません。