「ぼろ」と「刺し子」

こんにちは! Kyokoです。

8月最後の週末、遠方より麻糸産み講座に親子さんがいらっしゃいました。
娘さんのお仕事の都合で、基礎の1日集中講座です。
今までのご体験と繋がったり、新しい発見もあったようで、会話も弾みました。
なので、かなり時間が押してしまったのですが、糸を績み、紡ぐことができました。

お母様はとても丁寧な手仕事をされていました。
娘さんもお母様を気遣いながら、太めの麻糸と、細めの麻糸の2種類を産みだしました♪

親子で糸績み・・・とても素敵な光景でした。

【掛け布団】
経糸は太い麻糸、緯は古い木綿布を裂いたもの。
裏地は、使い古した麻の仕事着を何枚も重ねてあります。

【南部のタッツケ】
女性用のももひきです。
表は浅葱色の麻地で、裏に古手木綿を重ねてあり、その上から丹念に菱形の模様を刺し綴ってあります。
南部地方独特のもので、世界的にも例がないそう。

東北の中でも寒さが厳しい過酷な地域は、食べること以上に「衣」は大切だったそう。
綿も育たず、主に麻だったと思われます。
なので、木綿の布は貴重でぼろぼろになっても、
裂いて緯糸にして、また新たな布を作り出していたんですね。

展示には、
「小さな布の切れ端や糸屑さえも大事な財産でした。
一着の着物を何世代に渡って着ることなどは当たり前だった」
と紹介されてました。

お産の時に使っていた命の布、「ボド(ボドコ)」も展示されています。
重なり合った先祖代々の小さな布が、新しい命を守るのです。

数々の「ぼろ」の布からは、その時代を生き抜いた、
力強さと家族愛のエネルギーが出ていて、涙がでそうになりました。
ぜひ、実際に訪ねてご覧くださいませ〜おすすめです!

アミューズミュージアム
https://www.amusemuseum.com

関連記事

  1. 八ヶ岳・麻糸産み講座がスタート

  2. 美しい麻糸のヒミツは

  3. 麻さきと、気づきと、清々しい時間

  4. 夏の川晒し・百人帯(第2弾)

  5. 春の気配と麻糸産み講座 in甲斐市

  6. 絹と手績み大麻糸の相性は?

  1. 2019.01.01

    2019年・新年のご挨拶

  2. 2018.12.30

    冬至のよりひめサークル

  3. 2018.10.12

    麻糸績みの体験講座を開催しました

  4. 2018.09.13

    植物と手わざ

  5. 2018.08.03

    九州エリア初開催〜麻糸産み講座 in福岡

  1. 2017.09.15

    秋田の岩戸開き

  2. 2017.08.10

    絹と手績み大麻糸の相性は?