手績み大麻糸で、家族のお守り

こんにちは!Kyokoです。

夫のスーツの裏地がほつれていたので、手績み大麻糸で縫ってみることに。
ちょっと色がマッチしていないけれど・・・
ベンガラ染め(茜色)の手績み大麻糸を使ってみました。

このくらいのちょっとした部分でしたら、裂いた麻から、
より強い大麻繊維を選んで撚りをかければ、必要な分の糸が出来ます。

ちくちくしていると、昔の女性達はこうして、
ひと針〜ひと針〜
祈りを込めて針を刺して縫っていたのかもしれないな〜と感じました。
(昔は着物ですものね)

なんだか、新婚時代を思い出しました。
遠い昔だわ〜(笑)

今回は生地と糸の色が違って、微妙ではありますが、
手績み大麻糸がお守りになるかな。

いつも家族のために、ありがとう!

関連記事

  1. 紡錘車の魅力〜麻糸を紡ぐ

  2. 国産大麻繊維は、黄金の髪?

  3. 「北から南・日本の自然布展」のご案内

  4. 育てた藍で生葉染め〜夏色を楽しむ

  5. 森で麻打ち&発酵ランチ in八ヶ岳

  6. シェーカーボックスと糸績み

  1. 2018.04.13

    岩手〜秋田・出張レポート(2)

  2. 2018.04.13

    岩手〜秋田・出張講座レポート(1)

  3. 2018.02.04

    諏訪湖の御神渡り

  4. 2018.01.01

    2018年・新年のご挨拶

  5. 2017.11.26

    「第一回・技術研鑽会(麻打ち)」を開催しました

  1. 2017.09.15

    秋田の岩戸開き

  2. 2017.08.10

    絹と手績み大麻糸の相性は?