世界の手績み糸〜スピニングパーティー

こんにちは!Kyokoです。

昨日、初めてスピニングパーティーに行ってきました。
かなりの賑わいでしたが、日曜日の方が混み合っていたそうです。
綿やひつじさんがメインのようでした。

麻はないのかしら〜と、ウロウロしたところ・・・
紡績のイタリアヘンプがありました。(トップの画像)
やわらかな光沢で、手触りもよかったです。

手績み糸がありました!!
亜麻で、とっても細いです〜

大麻手績み糸
中国生産、日本で加工
三子撚り(単糸を3本撚り合わせた糸)

他にも、葛やパイナップルなど、いろんな繊維がありました。
面白かったです!

そして、「純国産・大麻手績み糸」と書いてある糸もありました。
お店の人に確認したら、栃木産で、奈良で加工されたそうです。
端をちょこっと触って確認したところ、
私たちがいつも触っている大麻繊維とは違う感触。
もしかしたら、麻打ち加工をしていないかも?
じっくり全体&績み目を確認したわけではないので、詳細は分かりませんでした。

亜麻と中国大麻の、績み目を観察してみましたが、S撚りでした。
ほどいてみたら、糸績みの技は、私たちが績んでいる方法とは違うようでした。
どんな人が、どんな環境で績んだのかは分かりませんが、同じ手仕事ですね。

個人的には、績み目・績み跡を大切にしています。
自分が績んだ証しなので、とても愛おしく感じます。

織って布になった時、手で績んだ糸、ということが分かる目印にもなるんですね。
(実際に、大麻の古布の績み目・績み跡を見た時は、感動しました)

私も最初のころは、技術面だけではなく、
調子が悪い時、ぼこぼこの糸になることもありました。
そんな、ぼこぼこの糸も丸ごと受け容れることは、
自分を愛することにつながるように感じます。

糸績みって深いです!
だから飽きずに続けられるのかもしれないなあ・・・。

関連記事

  1. よりひめさん誕生〜嬉しいご報告♪

  2. 森で麻打ち&発酵ランチ in八ヶ岳

  3. 紡錘車の魅力〜麻糸を紡ぐ

  4. ヘソ巻き〜麻糸紡ぎ

  5. シェーカーボックスと糸績み

  6. 絹と手績み大麻糸の相性は?

  1. 2018.04.13

    岩手〜秋田・出張レポート(2)

  2. 2018.04.13

    岩手〜秋田・出張講座レポート(1)

  3. 2018.02.04

    諏訪湖の御神渡り

  4. 2018.01.01

    2018年・新年のご挨拶

  5. 2017.11.26

    「第一回・技術研鑽会(麻打ち)」を開催しました

  1. 2017.09.15

    秋田の岩戸開き

  2. 2017.08.10

    絹と手績み大麻糸の相性は?