精麻でコサージュ〜涙の卒園式

こんにちは! Kyokoです。
10日ほど前になりますが、子どもの卒園式でした。

縦割り自由保育の、のびのび幼稚園。
子どもの個性、自主性を大切に、いつも保育者である先生方に見守られ、
この日を迎えられたことに感謝の気持ちでいっぱいに・・・
ずっと泣きっぱなしでした。

何か最後に手作りのものを・・・と考え、
ママと揃いがいい~!というリクエストに応えて、
生花でコサージュを作ることに。
保育証書授与式は教会で行われるため、神聖な場所にふさわしい精麻もあしらいました。

3月の花、ラナンキュラスをメインにしました。
念のため、当日の朝に作りましたが、子どもは動き回るので謝恩会まで持たず〜。
(コサージュに向く花とそうでない花があります)

子ども達は本当に純粋で、希望に満ちています。
そんなエネルギーに触れて、心が洗われるような清らかな時をすごせたこと。
赤ちゃんからこれまで、いろんなことがありましたが、
命を育むことに関われたことに感謝です。
これからも共に、成長していきたいと思います^^

関連記事

  1. 績み糸を、ヘソ巻きにしてみました

  2. 近江の麻〜100年前の手績み大麻糸

  3. 手績み手織り・大麻ストール(2)整経から結びつけまで

  4. 浴衣に合わせる・大麻半幅帯(1)麻打ち

  5. 手織りの世界〜展示会めぐり

  6. 手績み手織り・大麻ストール(1)素材から糸になるまで

テキストのコピーはできません。