紡錘車の魅力〜麻糸を紡ぐ

「かあさんの歌」の歌詞(2番)に、
「かあさんは 麻糸つむぐ 一日 つむぐ」とありますね。

紡ぐとは、撚りをかけて糸にすることです。

私は、紡錘車という道具を使っています。
紡錘車は、縄文や弥生時代の遺跡から出てくるほど、古いものなのです!

カタチもほとんど変わっていないようです。
シンプルなものって、遥かな時を超えて残るんですね〜。

コマのように、くるくる回して、楽しいですよ♪

関連記事

  1. 手績み大麻糸で、にっこり

  2. 近江の麻〜100年前の手績み大麻糸

  3. 麻の手ひき、技術の習得へ

  4. 「New麻桶」と「ミニおぼけ」?

  5. 森で麻打ち&発酵ランチ in八ヶ岳

  6. 絹と手績み大麻糸の相性は?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

テキストのコピーはできません。