紡錘車の魅力〜麻糸を紡ぐ

「かあさんの歌」の歌詞(2番)に、
「かあさんは 麻糸つむぐ 一日 つむぐ」とありますね。

紡ぐとは、撚りをかけて糸にすることです。

私は、紡錘車という道具を使っています。
紡錘車は、縄文や弥生時代の遺跡から出てくるほど、古いものなのです!

カタチもほとんど変わっていないようです。
シンプルなものって、遥かな時を超えて残るんですね〜。

コマのように、くるくる回して、楽しいですよ♪

関連記事

  1. よりひめ帯プロジェクト

  2. 岩手の麻との出会い

  3. 「New麻桶」と「ミニおぼけ」?

  4. 育てた藍で生葉染め〜夏色を楽しむ

  5. 績み糸を、ヘソ巻きにしてみました

  6. 子どもの、お麻もりペンダント♪

テキストのコピーはできません。