手績み大麻糸と、アロハスピリット

こんにちは! Kyokoです。

今月はリクエストもあって、2回サークルを開催しました。
フラダンスをされている方から、思いがけなく
ヒヤシンスのレイのプレゼント!
ご自分で績まれた大麻糸に、一花一花、とおして繋げてあります。

早速、首にかけてみました。
花の香りに包まれて、とても豊かな気持ちになりました。

レイは最後に土に還すそうです。
化繊の糸を使用する場合が多いようですが、
大麻糸でしたらより自然で、お花さんも喜びそうですよね。

帰宅した娘は、すぐに気がついて、
「私もやってみたい」と、飛びつきました(笑)
香るレイの美しさに、大喜びでした!

フラやレイのアロハスピリットと、日本の古神道。
手績み大麻糸のレイに触れていると、「祈り」という言葉が浮かびました。
貴重な体験を、本当にありがとうございました。

関連記事

  1. 大麻繊維と対話する〜ゆるやかな麻時間

  2. 仙台にて麻糸産み講座開催

  3. 糸績みから繋がる、東北の叡智

  4. 岩手講座(3)大麻布に涙する時

  5. 岩手〜秋田・出張レポート(2)

  6. 植物と手わざ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

テキストのコピーはできません。