手績み大麻糸で、にっこり

こんにちは! Kyokoです。

この季節は、温泉(源泉)が体にしみます〜(笑)
さて、そろそろ寝ようかしら・・・と思ったら、
子どもから「ボタンがはずれて、パジャマがめくれる」と。

あっ、ホントだ。
ボタンの穴が伸びちゃっているわ。
そう、確かに気になっていたのよね。

そんなわけで、ちくちくタイム♪
針に通した手績み大麻糸を、すーっと引っ張って、きゅっ!
手績み大麻糸ならではの、この感覚、気持ちいい〜!

オーガニックコットンのパジャマ。
手績み大麻糸と色もマッチして、いい感じ。
ボタンも、ぴちっとはまって、子どもは満足にっこり!

自宅用の手績み大麻糸は、糸巻きにくるくる巻いておいて、
リビングに飾っています。
出しておくと、気軽に使えるのでオススメですよ♪

績んだ糸、どんな時にどんな風に使っているの?
という質問をよくいただきます。
今年は我が家の日常での使い方を、
ちょこちょこご紹介していきたいと思っています。
暮らしの中の手仕事、楽しいですよ〜♪

関連記事

  1. 「ぼろ」と「刺し子」

  2. 麻の手ひき、技術の習得へ

  3. 美しい麻糸のヒミツは

  4. 森で麻打ち&発酵ランチ in八ヶ岳

  5. 手績み大麻糸で、家族のお守り

  6. 国産大麻繊維は、黄金の髪?