小さな小さな、大麻布が産まれました

こんにちは! Kyokoです。

昨年末〜新年に向けて取り組んでいたこと。
「小さくても自分で績んだ大麻糸で、手織りの大麻布を産み出したい」

そんなことで、織りの先生のサポートもいただいて、
とっても小さな小さな「手績み手織りの大麻布」が誕生しました。

1月のハーモニックプランツさんのWSに合わせて準備しており、
小さな手績み手織りの大麻布で、お麻もりを作り、出展しました。
自分で願いごとを書いて入れる、宇宙でひとつの、myお麻もりです。

思いがけなく、当日、素敵な方にご購入いただきビックリ!
ご縁ですね〜ありがとうございました。

今回は、簡易的な方法で、トントン丁寧に織っていきました。
最初はスカスカになっちゃったけど、だんだん慣れてきて楽しかったです。

小さな布なので、経糸にはふのりをかけず、緯糸は撚りもゆるく。
1枚は、何度か洗って、布としての風合いを研究する予定です。

何だか、この小さな小さな大麻布を手にしたとき、
涙が出てしまったのです。

感無量でした。

太古のエネルギーに繋がったような。
昔の女性たちの風景が浮かんだような。

日本の手績み手織りの大麻布を次世代に繋いでゆく、
小さな、最初の一歩です。
まだまだ技術的には未熟ですが、
これからのプロセスを楽しみたいと思っています。

春からは、創作の時間も増やしていきたいな〜
今後も、麻糸産みサークルで、いろいろとシェアしていきたいと思います。

関連記事

  1. 我が家の、麻ガール人形 ♪

  2. よりひめ帯プロジェクト

  3. 長い紐の作り方〜精麻でひもづくり♪

  4. 自然布からのメッセージ〜百人帯お披露目

  5. ヘソ巻き〜麻糸紡ぎ

  6. 山桜草木染め〜自然の奥深さ

  1. 2019.01.01

    2019年・新年のご挨拶

  2. 2018.12.30

    冬至のよりひめサークル

  3. 2018.10.12

    麻糸績みの体験講座を開催しました

  4. 2018.09.13

    植物と手わざ

  5. 2018.08.03

    九州エリア初開催〜麻糸産み講座 in福岡

  1. 2017.09.15

    秋田の岩戸開き

  2. 2017.08.10

    絹と手績み大麻糸の相性は?