ベンガラ職人? 型染めは楽しいな

こんにちは! Kyokoです。

今年の初仕事は、ベンガラ染めでの椅子の修復でした。
いつもお世話になっている、自由が丘アンジェリさんから依頼があり、
年末に型を作ったり準備をしておりました。

講座などで長年使用している、座面の取り外しが出来ない椅子。
このような生成りの生地は、どうしても汚れが目立つので、
ベンガラで染めると蘇ります。

まずは、マスキングテープで周りの木の部分を保護します。

少し水を足し、ほぼ原液に近い状態で、直接刷毛で染めました。
布を染める時と違って、色の調節が必要に。

アンジェリさんのカラーはオレンジ〜黄色。
鉄朱(オレンジ)をそのまま塗ると、赤っぽくなるので、
黄金(イエロー)を塗ってから、鉄朱を重ね塗りするとオレンジに!
面白い発見でした。

娘も手伝ってくれて、助かった〜

麻の葉文様と、フラワーオブライフの型は、帰省中の実家で作りました。
子どもの頃、彫刻刀で工作とか大好きだったので、かなり楽しい作業でした(笑)

座面は、中のスポンジにどんどん吸収されてしまい、いつもと勝手が違います。
イメージの濃さにするためと、中にしみ込んだ汚れが浮き上がってきたりで、重ね塗りが必要でした。
今回はいろんな発見と学びがあり、このような機会をいただいて感謝です。

予定より時間がかかってしまい、全部の型染めが出来なかったので、
続きはまた伺った時に染めたいと思います。

ちょっとだけベンガラ職人になった気分で(笑)
娘も「素晴らしい一日だった!アンジェリさんと椅子に座るお客さんが喜んでくれるかな」と言っていました。
子どもにとってもよい体験になったようです。

関連記事

  1. ベンガラ染めWS〜大地の色で遊ぶ♪

  2. 機織りの世界へ〜小さなアトリエがスタートします!

  3. 浴衣に合わせる・大麻半幅帯(2)整経

  4. 日本の縞模様を探る

  5. 大麻用の、糸枠と糸枠台が届きました♪

  6. 手績み手織り・大麻ストール(9)織り上がり〜仕上げ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

テキストのコピーはできません。