ベンガラ染めWS〜大地の色で遊ぶ♪

こんにちは! Kyokoです。

先日の8日(土)は、自由が丘アンジェリさんにて、
「はじめてのベンガラ染めWS」を開催しました。

私は今年の夏、大阪の「古色の美」にて、4日間集中講座を受講しました。
その中の2日分から、ぎゅぎゅっと詰め込んで、
濃縮した内容を皆さんにご体感いただきました。

1部はお子様もご一緒に〜とっても和みました。
子どもたちが触っても安全なベンガラ染めは、親子で楽しむことができます。
初めましての方も、夏のヘンプフェアでお会いした方や
よりひめさんも、みなさん一緒に、ザブザブ〜♪

ベンガラは、土から取れる成分(酸化鉄)です。
地球上に一番多く存在する「赤色」は酸化鉄といわれており、
旧石器時代から使われていた、最古の顔料なんです。
そして現在の技術によって、23種類の色が作り出されています。

2部は、初めましての方、麻糸産み講座公認インストラクターさん、
よひりめさんと、顔なじみの方もご参加下さいました。

板締め絞りは、
「 布 × 折り × 型 × 色 」で、
その時だけの、その方だけの、オリジナルの作品ができるのが魅力です。

最後は展示会のようになりました!

ちにみにこちらは、見本で持参したものです。
左の2点は、精麻を染めて紐にしたもの。
右は、精麻から麻打ち加工をした「打ち麻」を染めて裂き、糸にしたものです。
色が入ると、創作の幅も広がりますね〜
(下に敷いている布は、オーガニックコットン生地を、余ったベンガラで板締め絞りしたものです)

ベンガラは、天然の色、大地の色。
太陽の光を「火」とすると、
火、水、土、風の四大元素を使ったアートですね。

目にも優しい大地の色。
いろんな染めの中の1つとして、ぜひ試していただきたい「ベンガラ染め」です。

関連記事

  1. 「手績み大麻糸」をベンガラで染めてみました

  2. ヘンプフェア2016・糸績み体験会

  3. 大麻繊維で創る、ベンガラ組紐

  4. 2014ヘンプフェア〜国産大麻繊維で創る、夏リース♪

  5. 山桜草木染め〜自然の奥深さ

  6. ベンガラ職人? 型染めは楽しいな